私の思う女の友情と適度な距離感の必要性について

テレビで女同士の友情について取り上げられているのを観ました。
私自身は、友人が多い方ではありませんが、大事な縁だけは逃さないように気を付けています。
学生の頃であればライフスタイルも似ているので会う頻度も多くあり、一緒に居る時間が長い友人も居ましたが、社会人になってお互いに新しい環境になってからは自然と連絡を取る頻度が減り、適度な距離が生まれました。
あれ程毎日会っていたのに、1年に1度しか会わない友人も居れば、1ヶ月に1度会う友人も居ます。
友人関係を続ける大事なポイントは、適度な距離感だと私は思っています。お互いに用事があったり、新しい交友関係がある中で、相手を束縛するのは間違いであり、共に会いたいと思えるタイミングが同じときに会えば良いと考えています。
それこそ、本当に大事な友人なら多少の年数合わなくても、久しぶりに再会したときにお互いの近状を報告し合って話が弾むものです。
年齢を重ねれば、仕事や家庭、他にも親の介護など様々な悩むが増えていくので、無理に頻繁に連絡を取り合うよりも、連絡をしたいと思える瞬間や、相手から連絡が来ない場合は、来るまで待つ包容力を大事にしたいです。