学習態度に問題のある小学生が増えています

小学生と言っても様々な子供がいます。個性と片付けてしまうには問題のある子供が増えていると感じます。

Mくんは、いつもニコニコしていて人懐っこい子です。でも、想像と現実がごちゃごちゃになりやすい子です。
話し出すと止まらないし、「こうだったらいいのにな」と言う話がいつの間にか「こうだった」と言ってしまい、トラブルになることもあります。
Mくんは授業中に授業とは全く関係のないハサミを持ち出しました。やがてハサミでふざけだしたので、近くにいたYちゃんは怖くなってしまいました。
Yちゃんは「やめてよ」と言いましたが、Mくんには聞こえていません。
YちゃんはなんとかMくんを止めようと思って、自分もハサミを持ち出し、そして自分の髪を切ってしまいました。
先生からMくんの両親に事情を説明してもらいましたが、Mくんの両親はYちゃんの両親に謝罪することはありませんでした。
きっと物事の重大性を理解していないのでしょう。

Kくんは、活発な男の子です。授業の度にたくさん手を挙げます。しかし、先生が指してくれないと、途端に機嫌が悪くなってしまいます。
授業中も隣の席の子にちょっかいを出します。先生が注意します。注意でも良いので先生の注目を集めたいのでしょう。
カッターなど、扱いに注意が必要な授業の場合は、他の教科の先生がつきっきりでした。
授業の度に手を挙げているのに、成績は伴っていないというのは注目を集めたいからでしょう。
家庭環境が悪化しているのではと懸念されます。

Aちゃんは利発な子供です。目立つのが好きなので、クラスの代表になることも多いです。
しかし、他の子の鉛筆が長いという理由で取ってしまうこともあります。
自分の興味のあることは積極的ですが、興味のない事には知らんぷりです。
ちょっとでもAちゃんの相手をするとずっと付き合わされるので、授業の妨げになります。
ADHDの疑いがあるので、もっと専門家に見せたほうがいいと思いますが、
ネグレクトだと思われるので、それも難しいでしょう。ミュゼ ひげ

3台目を作りに行こうかな、まだ少し先だけど。

そうか、決めてしまえばいいんだなぁ。先日体験会に参加して以来、ますます好きになった楽器、ライアー。2台持っているけれど、3台目を検討することにしました。全国でWSをされているので、地元で開催される時にはしようと思っています。4日ほど掛かるので滞在費は正直節約したいんですよね。楽器はオーダーでも作ってもらえるけど、自分で作った方が安いんです。最初の2台はオーダーしたけど、けっこうみんな製作WSで作っておられるし、わたしにも出来るかなと思えてきました。ラフモデルがあって、ある程度形になっているものを掘っていくのですが、弦を張ったりもするようです。ドイツから産みの親である方も参加するWSなので心配ないですが、気力は要りそうです。とりあえずスケジュールを確認したら、わたしの地元で開催は10月頃になりそうとのこと。どの音階のライアーにするかに迷うところですが、行くと決めてしまえばスケジュールもお金も回ると思えてきました。3台揃ったらプチ体験会開こうかな、ちょっとイベントもしたいなぁと思えて来ました。場所探さなきゃ。