家事をするときには準備と順番というのがあります

一言に家事といっても優先順位があることをよく理解しておきましょう。それによって効率性がまるで違うことになりますから、そこをよくよく考えて実行をするべきであるといえるでしょうそこが理解できるようになりますとまずは安心できるようになります。言うまでもありませんが、準備もいろいろとあります。その準備に関することも知識としてあります。家事というのはどうしても手間ではありますが最近では色々な家電がありますから、それによって相当に手間を省くことができるようになっていますから、よほどでかい家とか大家族でもない限りは基本的には楽になっている、ということは確かであるといえるでしょう。人によってよしあし得意などがあるでしょうが、どうすればよいのか、というのは順番がある、ということを理解しておきましょう。家事というのはどんな状態であろうともそれはやることになる可能性があるのですから、やり方は知っておくべきでしょう。

毎日ひき肉。ほかの肉が何か分からない!!

ドイツで最近困っていることが、スーパーで売っている肉の種類が少ないことです。ひき肉は日本と同じ感じで売られているのですが、豚肉は塊肉。一番薄いスライスでトンカツ用の分厚さ。牛肉に至っては塊肉のみ。これも海外あるあるなのでしょう。

友人に肉を食べる冷凍させて、スライサーで自分でカットしているというツワモノがいます。が、私にはそんな根性がありません。なので、我が家では毎日ひき肉を使っています。レパートリーが物凄く少ないです。肉じゃがひき肉バージョン、ハンバーグ、ラザニア、パスタ、つくね。毎回このローテーションな気がします。

一時帰国した時に、袋入りラーメンを大量に購入してきたので、そのラーメンにひき肉を炒めたものをのせ坦々麺風にしたりもしています。

しかし、やはりひき肉のみだとレパートリー少ないすぎますね。最近新しく覚えたのがシェパードパイです。これは、ドイツにある食材のみで作れるのでオススメです。これからも精進していくしかないですね。シボヘール 購入

年賀状を投函したので、これから帰省の準備に入ります

心の重しになっていた「年賀状印刷」が、ようやく終わりました。
嬉しいです!
今、所用があって出かけた夫に投函もお願いし、気分がスッキリしたところです。
夫は今朝のうちに単身赴任先から帰宅したので、ちょっと慌ただしくさせて申し訳ないのですが・・・・、ようやく、これで純粋に帰省準備に取り掛かれます。
今回の冬休みは、夫の実家への帰省のみで良いので(私の実家には行かず、代わりに親に泊まりに来てもらう)その分は少しだけ荷物に関して悩むことがなく気楽です。
といっても、年始も予定が込み合っているのでぼんやりとできません。
さくっと色々済ませないと!
子供たちの宿題の進度も少々気になるので、これがまた少しだけブルーですが・・・・
まぁ、なんとかなるでしょう。
しかし寒いです。そんな中、わざわざ遠くへ出かけるなんて本当は嫌です。
本当は家族四人で自宅のお休みを満喫したのですが、仕方ありません。
なんとか数日、「わりといい嫁」を演じるべく、今から気持ちをシャキっとさせようかと思います。
年末年始の用事が一通り終わったら「合格点!」と自分で言えるように頑張ります。http://www.tanzania-africa-development.com/

仮に政治に鈍感も、何か楽しいと感じるときがある

いつものことですが、駅舎でコンペティション法案、憲法改悪、アベ政治抗議のビラ配りを見ました。爺さん年頃が多いように見える。そうして常に抗議パワーの読解はわかりません。抗議という読解は、障碍を解決するのでしょうか。右側とか左側とかで区分けすれば、爺さん年頃の多くは左寄りの勉強を通している。ピース憲法の証明は憲法第9条、コンペティション断念は国是、中学校の世間の時間に憲法を暗記しました。カレッジに入るといった反形式の教え子アクションがエネルギッシュで、活動しないノンポリも反形式に肩を持つのが、不謹慎なことに、かっこいいと思いました。悲劇の先に楽天的な経路が見えないのは不毛だ。でも反形式のバイタリティは強烈で熱烈でもありました。今の野党アライアンスにも共通したものを感じます。日本の安穏埋め合わせ、領土予防をどうするか、市民をどうして続けるのか、真剣に論議し方向を明確に上げるべきご時世なのに、経路を示すことができません。トランプ君の言うことにも一理あります。日本に基地を置いて防衛するっていうのはUSAで、日本の予防がアメリカの予防になるというのが日光USA安保のミソだ。それを既に見直すべきだとトランプ君は言っているのです。トランプ君が大統領になれば、こういう理解はアメリカの国是だ。悪くはないと思います。沖縄基地返納が実現するかも知れません。普天間隔も辺野古の障碍も不幸な虐待事案も無くなるのです。憲法改編、自衛隊の障碍は、本来は日本の安穏埋め合わせ、国防テーマが定まれば解決する問題です。これらの障碍に爺さん年頃は常に目をつぶってきました。駄目としてきたことに触れられる結果アレルギーフィットもあります。但し、時代の潮目は変わりつつあるようです。ただコンペティション法案抗議、憲法改悪反対を伝えるリアリズムを欠いた理解は不毛だ。ではどうするのという重要な障碍を置き去りにやるからです。遅かれ早かれ市民はヤバイ決意を迫られるかも知れません。もう腹を決めておかないといけないようです。ミュゼ ログイン 予約登録

第90回選抜高校野球大会の出場校を一足早く占う〜その3〜

一足早い来年の選抜出場校予想、最後は中四国・九州です。

中国3
例年3校目の出場枠を四国と争う形でしたが、
今年は90回記念大会で3枠確定。
その中で中国大会決勝に残った
優勝のおかやま山陽、準優勝の下関国際(山口)の
今年夏甲子園初出場組が春の甲子園に戻ってきそうです。

残り1枠は広島勢2校、瀬戸内と尾道の公立校同士の争い。
優勝のおかやま山陽と好試合を演じた瀬戸内は、
県内でも尾道より上位であることから
出場有力とみてよさそうです。

四国4
こちらも90回記念大会に伴う増枠であらかじめ決まっていた固定の3枠に
明治神宮大会優勝の明徳義塾による1枠が加わって4枠。
明徳義塾は問題なく選出、
準優勝の英明(香川)も四国決勝9回途中までリードと大健闘でした。
甲子園での活躍が期待できそうです。
残り2校のうち、4強対決で明徳と接戦を演じた松山聖稜(愛媛)は出場確実ですが、
残る1校の問題は英明に10点差大敗を喫した高松商(香川)の扱い。
香川大会でも英明は優勝、高松商は3位であったことがネックになるかもしれません。
そうなると四国8強の中から香川準優勝の大手前高松(香川)と高知の名前が挙がってくる可能性も。
四国決勝まで残った英明と接戦を演じた高知が逆転選出の可能性もあるかもしれません。

九州4
優勝した創成館(長崎)は決定的。
準優勝の富島(宮崎)はうれしい初出場となる見込みです。
残る2校は延岡学園(宮崎)と東筑(福岡)の4強2校ですんなり決まりそうです。

21世紀枠3
環境面や文武両道を含め困難な状況から県大会・地区大会においても優秀な成績をおさめている学校から選出。
といいながらも毎年選考基準が良くわかりません。
現在各都道府県高校野球連盟から推薦校が挙げられており、
そのあと、地区ごとの推薦校9校に絞られ、
1月下旬の選考会において東日本代表1、西日本代表1、選出漏れの残り7校から1という形で選ばれます。

果たして吉報を手にするのは———。