化学工夫を使って目玉焼きをつくる術などを受講

化学揺らぎについて訓練をしました。化学揺らぎを使って目玉焼きをつくることができます。ガラスのコップを形状にして、アルミニウムはくで入れ物をつくります。入れ物の中に卵を割り入れます。入れ物を酸化カルシウムを入れたビーカーの中に入れます。酸化カルシウムに水を引っかけるとゆげがでます。しばししたら、入れ物を取り出します。次は、化学揺らぎによる各種発熱手答えと吸熱手答えについてだ。木炭は、情熱や光を出しながら燃焼する。これは、発熱手答えだ。うすい塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を混ぜて調整すると、水と塩化ナトリウムができ、気温が上がります。これは発熱手答えだ。炭酸水素ナトリウム水溶液と硫酸アルミニウム水溶液を混ぜると多量の泡(二酸化炭素)をだし、気温が下がります。これは、吸熱手答えだ。消火ケースのロジックと同じです。このようなことを勉強してきましたが、知らなかったことが多かったので時間があるときに、復習望むなと思いました。

愚痴聞きサイトに相談するよりも電話占いの方がいい

今日ミヤネ屋で放送されていた愚痴聞きのバイト紹介が私の中では衝撃的過ぎました。
依頼者が愚痴を聞いて貰うのに40分で1万6000円ものお金を支払っていたことです。
アドバイスなどもして貰えず聞いて貰うだけでこんなに支払うお金がよくあるなと思いました。
私は絶対こんな物にお金を支払うのであれば電話占いサイトを利用した方が絶対よいと思うのです。
電話占いの方が安上がりですし、具体的なアドバイスもしてくれますし未来を見てくれる先生達も沢山います。
そして時には厳しく叱ってくれたりすることもありますし、愚痴を聞いてくれるだけで他に何もしてくれないよりはよっぽどいいと思うんですけどね。
私の利用している電話占いサイトは40代と50代の女性が多いです。
やはりそれだけ愚痴を言いたいくらいの悩みを抱えている方が多いのだと思います。
電話占いは10分間くらいでも先生からのアドバイスを聞いたりすることで全然気持ちが楽になれます。
だから私はこれからもこのようなサイトを辛い時は頼りにしたいと思っています。妊娠ビタミンa