化学工夫を使って目玉焼きをつくる術などを受講

化学揺らぎについて訓練をしました。化学揺らぎを使って目玉焼きをつくることができます。ガラスのコップを形状にして、アルミニウムはくで入れ物をつくります。入れ物の中に卵を割り入れます。入れ物を酸化カルシウムを入れたビーカーの中に入れます。酸化カルシウムに水を引っかけるとゆげがでます。しばししたら、入れ物を取り出します。次は、化学揺らぎによる各種発熱手答えと吸熱手答えについてだ。木炭は、情熱や光を出しながら燃焼する。これは、発熱手答えだ。うすい塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を混ぜて調整すると、水と塩化ナトリウムができ、気温が上がります。これは発熱手答えだ。炭酸水素ナトリウム水溶液と硫酸アルミニウム水溶液を混ぜると多量の泡(二酸化炭素)をだし、気温が下がります。これは、吸熱手答えだ。消火ケースのロジックと同じです。このようなことを勉強してきましたが、知らなかったことが多かったので時間があるときに、復習望むなと思いました。